bookmark

失敗しない!債務整理業者選びマニュアル

債務整理のデメリットを徹底検証!

債務整理で気になるのはやっぱりデメリット。

・ブラックリストに載ってしまう?
・財産を手放さなきゃいけない?
・選挙権がなくなる?

なんて様々な噂を耳にしますよね。
ですが実はデメリットについては誤解が多いのが事実なんです。

 

ここでは債務整理のデメリットに焦点を当てて、それぞれのデメリットがどのような意味を持つのかを解説します。
正しい知識を持って、安心して債務整理に踏み出して下さいね。

 

ブラックリストに載ることによるデメリット

過払い金以外の整理方法、つまり自己破産・個人再生・任意整理・特定調停をするとブラックリストにその事実が掲載されます。
どの整理方法を用いても、被るデメリットにほとんど幅はありません。
ブラックリストに載って出来なくなることは、どの整理方法でも全く同じです。
ですから、自己破産をしてブラックリストに載るとひどいデメリットを被るなんてこともありません

ブラックリストに載ると?

任意整理なら5〜7年間、個人再生及び自己破産なら7〜10年間、
・新たにローンを組めない
・新たな借入れができない
・クレジットカードを利用できない
・家賃や光熱費などのクレジットカード払いができない
・携帯電話などの分割払い購入ができない

 

借入れの制限

・新たな借入れができない
ブラックリストに債務整理の事実が掲載されると、全ての消費者金融や銀行、クレジット会社がその事実を閲覧できることになります。
つまり、A社を対象とした債務整理をするとその後A社からの借り入れのみでなく、全ての金融業者からの借り入れができなくなるということです。
全ての金融業者に知られる、これがブラックリストの意味するところです。
そして、過去に債務整理をした=今後も支払い延滞・不能に陥る危険があるという考えの下、借入れの審査に通らないのです。

 

ただし、銀行やクレジットカード会社のみを対象とした債務整理をした場合、異なるブラックリスト情報を用いている消費者金融であれば借入れができる可能性があります。
消費者金融と銀行やクレジットカード会社が照会するブラックリスト情報は異なるのです。
消費者金融業者が銀行やクレジットーカード会社のブラックリストを照会することは多くないので、審査に通るということが起こりえます。
ですが、消費者金融も含めて債務整理をした場合、もしくは消費者金融のみを対象とした場合は、銀行やクレジットカード会社からの借り入れは出来ません。

 

割賦購入の制限

・新たにローンを組めない
・携帯電話などの分割払いができない
これらは、ブラックリストに載ることで割賦購入が制限されてしまうことに理由があります。
割賦購入にはローンや分割払い、リースなどが含まれます。
ローンを組んで購入するということは、未納分の金額を借り入れるということ。
つまりは借入れが制限されることと同じことです。

 

一括で払うことができれば全く問題ないので、携帯電話が購入できないなんてことでは決してありません。
割賦購入ではなく、手元にある現金で買えるものだけを購入する、という賢い買い物をすればデメリットとは感じなくてもいいのではないでしょうか。

 

クレジットカードの制限

・クレジットカードを利用できない
・家賃や光熱費などのクレジットカード払いができない
クレジットカードに関しては、新たに作ることはもちろんのこと、これまで使っていたクレジットカードも利用できなくなります
家賃や光熱費などをクレジットカード払いにしていた場合、支払い方法を変更しなければならないこともあります。
支払方法としては、クレジットカード払いの他にもコンビニ支払いや口座振り込みなどがありますから、そこまで心配はいらないでしょう。

 

ですがクレジットカードが身分証明書の代わりになったり、クレジットカードを持っていることが支払い能力の証になったりという時代です。
つまり、ここから海外渡航ができないのではないか?という噂が流れるのです。