bookmark

失敗しない!債務整理業者選びマニュアル

任意整理【手続きの流れ】

債務整理をすると、当然借金の残高が変わるだけではありません。
ブラックリストに掲載されてローンが組めなくなったり、財産を手放すことになったり・・・と不安に思うことが多々あると思います。
ここでは、任意整理をするとその後の生活がどのように変わるのかを手段別に時系列で紹介していきます。

 

 

専門家サイド

整理前後の流れ

依頼主サイド

 

相談

まずは弁護士もしくは司法書士に相談しましょう。

依頼を受け、整理手続きに入るかどうかの判断をします。
収支状況や借金の総額などから、どの程度減額が可能か、残金を返済していく見込みがあるかなどを判断します。任意整理で不可能と判断された場合には、他の整理手続きも検討することになります。

債権調査

この際、以下のものを用意しましょう。

・印鑑 ・各種カードやクレジットカード ・債権者一覧 ・契約書や支払明細書 ・請求書 ・支払督促状 ・給与明細 など。 

すべて揃っている必要はありません。手元にあるものや簡単に手に入るものだけでOKです。

委任契約が完了すると、任意整理手続きを開始する旨を知らせる受任通知を各債権者に発送します。

受任通知の発送

債権調査の結果、任意整理の方針が決定すると、弁護士もしくは司法書士との間に委任契約を交わします。

取り立ての停止

債権者が受任通知を受け取った時点で取り立ては停止します。この通知は法的な効力を有するため、手続き開始後に取り立てをすることは禁止行為に当たります。以後取り立ての苦悩からは解放されます。

(着手金の支払い)

事務所によっては着手金の支払いが必要となります。支払いが確認されると手続きに入ります。着手金が0円の事務所も多くありますので、余裕がない場合でも簡単に手続きに入ることが可能です。
これまでの支払い明細を元に、利息制限法に基づく上限金利に直して、本来返済すべき借金はいくらだったのかを、返済開始までさかのぼって計算し直します。

引き直し計算

引き直し計算の結果、
(@)支払いすぎた利息>借金の元本 の場合
引き直し計算をした時点で借金はなくなります。さらに元本を超過した分は過払い金にあたり、過払い金返還請求の交渉に入ります。→過払い金返還請求

過払い金の発生

過払い金返還請求の手続きに入ります。手続きはすべて弁護士や司法書士に任せることが可能。手続き完了後、過払い金を回収できます。
(A)支払いすぎた利息<借金の元本 の場合引き直し計算後もなお借金が残っている状態のことです。担当の弁護士もしくは司法書士はここから各債権者と今後の返済に関する交渉に入ります。以後の利息をカットし、元本について3~5年で返済できる金額になるよう月々の返済額を提示します。

交渉・返済計画作成

弁護士もしくは司法書士と債権者である金融業者の間で和解契約が交わされます。

和解契約

手続き費用の支払い

債権者の数に応じて手続き費用を支払うことになります。手元にまとまったお金がない場合には、分割払いが可能です。

保証人への取りたて開始

保証人をつけている借金だった場合、支払い義務は保証人に渡ります。(保証人をつけていない借金のみ任意整理するということも可能です。)

借金返済へ

和解契約の内容に沿った返済計画をもとに借金を返済していきます。
返済の代行サービスを行っています。

借金返済開始

返済計画に基づく金額を月々返済していきます。この際、事務所により返済の代行を行ってもらえます。このサービスを利用することで取り立てに苦しむこともなくなります。

完済

返済計画通りに返済していけば、3~5年で借金を完済することになります。

ブラックリスト

返済が終わったからといってブラックリストから事故情報が消えるわけではありません。5~7年の間掲載されます。主な生活に影響のあることとしては以下が該当します。

・ローン(住宅や車など)が組めない
・新たな借金が出来ない
・クレジットカードでの買い物・キャッシングが出来ない
・家賃や光熱費などのクレジットカード払いが出来ない

ブラックリストからの抹消

5~7年経過後、ブラックリストから情報が抹消されることになります。新たにローンやクレジットカードの使用が可能になります。

債権者の会社情報

ブラックリストから情報が抹消されても、任意整理の対象とした債権者の会社にはその事実が存続します。借金の内容などにより、当会社との取引が出来ない可能性は残ります。