bookmark

失敗しない!債務整理業者選びマニュアル

任意整理とは?

任意整理とは借金を整理する手段のひとつ。
払いすぎた利息を返還してもらい、将来の利息をカットすることで借金を減らします。

 

特徴

金利のみカットし、借りた分は全て返済する

借りた分の金額はきっちりと返したい、うやむやにしたくない、そんな方には最適な整理方法です。

整理対象の業者を個別に選択できる

会社から借金していて債務整理を知られたくない、そんな場合は当会社を整理対象から外すことが出来ます。

手続きが簡単、裁判所を介さない

任意整理は裁判所を介さずに手続きを進めることが出来ます。簡単で時間のない人には最適です。 

詳しい解説はこちら

 

条件

一定の収入がある
残金を3〜5年で返済する意思がある
借金総額に制限なし(任意整理経験者の平均借金総額:約450万円)
任意整理の成功事例はこちら

 

デメリット

ブラックリストへの掲載(5〜10年間)

新たなローンを組めなくなったり、クレジットカードが使えなくなったりという不利益を被ります。

利子のカットという小幅な減額
他の整理方法と比べ、元本はカットしないため減額幅はそれほど大きくはありません。

その他気になることはこちら

 

手続き方法

任意整理は手続きが簡単という特徴があります。
借金総額が140万円以下の場合は司法書士、それ以上であれば弁護士と相談しながら手続きを進めるのが賢明です。
複雑なことは全て専門家が行ってくれるため、関係書類を用意すること以外に必要なことはありません。
借金のことを全て請け負わせるわけですから、安心で実績のある事務所にまずは相談してみましょう。

実績のある法務事務所
 

 

整理後の生活への影響

保証人への取りたて

保証人をつけている借金を整理した場合には、取り立てが保証人に移ります。知人を保証人にしている場合は事前によく相談しましょう。

その他の心配は無用

ブラックリストへの掲載、会社情報への掲載により、金融取引には一定の制限がかかりますが、その他生活への影響はとりわけ心配する必要はありません。

手続き中の流れを知りたい方はこちら