bookmark

失敗しない!債務整理業者選びマニュアル

個人再生とは?

個人再生とは借金を整理する手段のひとつ。
マイホームやマイカーを手放さずにおよそ80%の借金を帳消しにします。
自己破産のデメリットを回避しつつも、大幅に借金を減額することができます。

 

特徴

マイホームを手放さなくていい

マイホームを手放したくないのであれば自己破産は出来ません。ローンは残るものの、それ以外の借金は大きく減額されます。

車も保持し続けられる

仕事に車が必要な人も多いはず。個人再生では車を手放す必要もありません。

80%の借金を帳消しに

借金を返しきれない、でも自己破産は嫌。そんな人には最適な整理方法です。

 

詳しい解説はこちら

 

条件

一定の収入がある
残金を原則3年で返済する意思がある
借金総額5,000万円以下(個人再生経験者の平均借金総額:約1,000万円
個人再生の成功事例はこちら

 

デメリット

ブラックリストへの掲載(5〜10年間)

新たなローンを組めなくなったり、クレジットカードが使えなくなったりという不利益を被ります。

官報への掲載

官報に載ったからといってすぐに第3者に知られてしまうという心配はありませんが、敢えて見ようとする人には公開されています。 

その他気になることはこちら

 

手続き方法

個人再生は裁判所を介する手続きであるため、少々煩わしい作業が必要になります。
そのため、借金総額が140万円以下の場合は司法書士、それ以上であれば弁護士と相談しながら手続きを進めるのが賢明です。
複雑なことは全て専門家が行ってくれるため、実際に行うことは関係書類の準備と面接くらいです。
面接と言っても専門家と同席のもと行うため心配はありません。 
借金のことを全て請け負わせるわけですから、安心で実績のある事務所にまずは相談してみましょう。

実績のある法務事務所
   

 

整理後の生活への影響

保証人への取りたて

保証人をつけている借金を整理した場合には、取り立てが保証人に移ります。知人を保証人にしている場合は事前によく相談しましょう。

その他の心配は無用

ブラックリストへの掲載、会社情報への掲載により、金融取引には一定の制限がかかりますが、その他生活への影響はとりわけ心配する必要はありません。

手続き中の流れを知りたい方はこちら