bookmark

失敗しない!債務整理業者選びマニュアル

自己破産をしたら?

債務整理をすると、当然借金の残高が変わるだけではありません。
ブラックリストに掲載されてローンが組めなくなったり、財産を手放すことになったり・・・と不安に思うことが多々あると思います。
ここでは、自己破産をするとその後の生活がどのように変わるのかを手段別に時系列で紹介していきます。

 

自己破産

相談

手続きは弁護士へ相談することから始まります。

現状分析

返済残高や収入などの現状を明らかにします。

必要書類の作成

弁護士の指導のもと、必要種類の作成をします。

破産申請

借金の内容をもとに裁判所に対して破産申請します。問題がなければ申請が受理されます。

取り立ての停止

申請が受理されると、債権者に対してその事実が通知されます。同時に取り立てと支払いが停止します。

破産手続き開始

弁護士が裁判所で面接を行います。問題がなければ破産手続き開始の決定がなされます。

資格制限

一部の職業や資格(弁護士や公認会計士など)を失います。

裁判所への出廷

弁護士と共に裁判所へ出頭し、借金の理由を含め、免責不許可事由がないかの審査があります。

免責許可

裁判所での面談で免責不許可事由がなければ免責が認められ、借金から解放されることが決定します。

財産の売却

住宅や車などの財産がある場合は、管財人を通じて財産の売却がなされます。

破産成立

制限を受けていた職業や資格の制限が解除され、復権できます。

資格制限解除

一切の借金から解放されます。