bookmark

失敗しない!債務整理業者選びマニュアル

得する事務所の選び方【任意整理】

同じ借金内容でも、依頼する事務所によって減額・返還される金額、手元に残る金額は変わってきます。あなたに適した事務所はどこか。その選び方を徹底解説します。

 

弁護士か司法書士か

借金の総額が140万円を超える場合、司法書士には交渉権がありません。
ですので、140万円以上の借金を抱える方は弁護士に相談する必要があります。

 

どの事務所に依頼するか

任意整理の費用は事務所によって大きく異なります。
借金の内容でどれほど費用が変わるのか、具体的な数字で見ていきます。

 

【例1】4社の借金を任意整理する二人の違い

A:1社当たりの借金がどこも100万円を超えない場合

Aさん
4社の借金(それぞれ80万円、80万円、50万円、50万円)を任意整理

サナ法務事務所

(基本報酬30,000円+最低成功報酬30,000円)×4社=240,000円(税別)

アヴァンス法務事務所

基本報酬(4社)=216,000円(税別)

 

基本報酬が安い事務所に依頼する方が手元に残る金額が多くなる可能性が高い。

 

B:1社当たりの借金が100万円を超えることがある場合

Bさん
4社の借金(それぞれ200万円、100万円、50万円、50万円の借金)を任意整理

サナ法務事務所

(基本報酬30,000円+最低成功報酬30,000円)×4社=240,000円(税別)

アヴァンス法務事務所

基本報酬216,000円+20,000円(200万円の借金への追加費用)+10,000円(100万円の借金への追加費用)=246,000円(税別)

 

⇒100万円以上の案件でも追加料金が発生しない事務所に依頼する方が、手元に残る金額が多くなる可能性が高い。

解説
同じ債権者数でも・・・
⇒上のAさんのように100万円以下の借金ばかりの場合、基本報酬を比較(240,000円と216,000円)してアヴァンスの方が費用が抑えられるが分かります。
⇒一方下のBさんのように、追加料金が発生する借金(100万円以上)がある場合、追加料金の発生がないサナの方が料金を抑えることができるのです。

 

 

 

【例2】500万円の借金を任意整理する二人の違い

C:2社で500万円の借金がある場合

Cさん
2社の借金(それぞれ250万円、250万円の借金)を任意整理

サナ法務事務所

(基本報酬30,000円+最低成功報酬30,000円)×2社=120,000円(税別)

アヴァンス法務事務所

>2社の基本報酬178,000円+20,000円(200万円を超える借金への追加費用)×2=218,000円(税別)

 

基本報酬が安い事務所に依頼する方が手元に残る金額が多くなる可能性が高い。

 

D:6社で500万円の借金がある場合

Dさん
6社の借金(それぞれ200万円、100万円、50万円、50万円、50万円、50万円の借金)を任意整理

サナ法務事務所

(基本報酬30,000円+最低成功報酬30,000円)×6社=360,000円(税別)

アヴァンス法務事務所

基本報酬254,000円+20,000円(200万円の借金への追加費用)+10,000円(100万円の借金への追加費用)=284,000円(税別)

 

⇒債権者数が多くなったときの固定基本報酬が安い事務所に依頼する方が、手元に残る金額が多くなる可能性が高い。

解説
同じ借金残高でも・・・
⇒上のCさんのように債権者数が少ない場合、1社当たりの基本報酬が低いサナの方が安く抑えることができます。
⇒一方下のDさんのように債権者数が多い場合、多重債務者に優しくなるよう固定的な基本報酬を定めているアヴァンスの方が、安く抑えることができるのです。