bookmark

失敗しない!債務整理業者選びマニュアル

弁護士と司法書士の違い

債務整理の相談をしようにも、
弁護士事務所に相談すべきか、司法書士事務所に相談すべきか、
よく分かりませんよね。

 

借金の相談といえば弁護士でしょう!というイメージから弁護士に相談、
なんていう安易な判断では損をすることもありますよ。
どちらに依頼するかは、借金の総額や過払い金返還の見込み額、整理方法によって明確に分けられるものなのです。
どちらか迷われている方は、ポイントごとに確認してみてください。

 

司法書士の権限の範囲は狭い

司法書士というのは、裁判所に提出する書類の作成やそれに伴う相談などを主な業務とする人を指します。
債務整理を担当できる司法書士に関しては、上記に加えて簡易裁判所における事件の訴訟代理業やそれに伴う相談などを行う権限を持っています。
しかし、あくまで簡易裁判所における事件の代理権のみであり、地方裁判所における事件については代理権を有していません

 

つまり、地方裁判所を介して手続きを進める自己破産と個人再生については、司法書士は書類の作成代行までしか行うことが出来ません。
その場合には債務者自らで地方裁判所に出廷しなければなりません。

 

司法書士は140万円以下の案件のみ担当可

弁護士は借金の額に一切関係なく対応できますが、司法書士は全体借金総額が140万円以下の場合のみ担当できます。

任意整理の場合

任意整理は裁判所を通さない手続きのため、司法書士にも和解交渉の権限が与えられています。
相談から和解交渉成立までを一貫して依頼することができるので、弁護士に依頼する場合と手続き過程に大きな違いはありません。

 

ただしあくまで140万円以下の案件のみ可能ですので、以下のような場合には弁護士に依頼した方が良いでしょう。
(1)多重債務で借金の総額が140万円を超える⇒弁護士
(2)過払い金の返還見込み額が140万円を超える⇒弁護士

 

自己破産及び民事再生の場合

自己破産及び民事再生は地方裁判所を通した手続きですので、訴訟代理権のない司法書士では申し立てが行えません
司法書士に依頼することももちろんできますが、相談及び手続き書類の作成までを行うことになります。
実際に地方裁判所に出廷して申し立てを行うのは債務者本人になります。
裁判所との複雑な手続きを自ら行う時間と自信があれば、司法書士と相談しながら手続きを進めることは可能です。

 

 

それでも司法書士に頼むのには理由があります。

債務整理の費用を確認